AGA治療マニュアル

ロゲインは世界的に人気を誇るAGAを治療する薬です!ロゲインの効果や使用方法、飲み方、通販での購入方法などまとめています。

ロゲインとは

ロゲインとは

AGA治療薬として非常に人気の高いものが「ロゲイン」と呼ばれる薬になります。ロゲインは特に海外において人気があり、最近では日本でも親しまれるようになりました。さまざまな発毛剤がある中、どれを選んだらいいのかわからないという場合はぜひロゲインを検討してみてください。ロゲインはアメリカにあるジョンソン・エンド・ジョンソン社の傘下であるマクニール社が販売している実績のある発毛剤です。そのため、非常に人気のある治療薬として有名です。

ロゲインとリアップの違い

ロゲインと似たような発毛剤としてはリアップが有名だと思います。リアップは使ったことがない人でも、なんとなく広告などでその名称を聞いたことがある方も多いでしょう。ロゲインとリアップにはどのような違いがあるのでしょうか。

簡単にいうと、リアップの海外版がロゲインです。もっというと、ロゲインが元祖となる発毛剤になります。リアップの製造承認取得時の大正製薬から出ているプレスリリースを見るとロゲインの名前が入っているので、リアップはロゲインから生まれたといってもいいでしょう。

ロゲインもリアップも同じミノキシジルと呼ばれる成分が含まれており、その濃度は両方とも5%です。 また最近では女性向けのロゲインもあり、その濃度は2%となっています。

ロゲインはリアップと異なり、タブレットタイプとして摂取できるものも販売されているので、好きな方を選ぶことができるのが特徴です。そして大きな違いとして、リアップよりロゲインの方が大幅に安く手に入るということがあげられます。その差はおよそ3倍ほどの差があるので、できるだけ安く抑えていきたいなら迷わずロゲインを選ぶべきでしょう。安くミノキシジルの成分を試せる定番のAGA治療薬だと言えます。

ロゲインの効果

ロゲインの効果

ロゲインというAGA治療薬は、私たちの体にどのような効果を与えてくれるのでしょうか。ロゲインは本来血圧を下げるための治療薬として開発されていました。しかしロゲイン使用者から髪の毛が増えたという報告をたくさん受けたのです。そのため薄毛治療に使えると判断され、そこから発毛剤としての研究が進み1980年に世の中に出てくるようになりました。ロゲインに含まれるミノキシジルは、頭皮の血流を改善して髪の毛の成長に必要な栄養分をしっかり行き渡らせる効果があります。

もしあなたの頭皮が固いのであれば、血流が悪いことがいえるのでロゲインが非常に効果的かもしれません。人間の髪の毛には発毛から脱毛まで一定のヘアサイクルが存在しますが、AGAになるとヘアサイクルが正常に機能していない状態になります。そこでロゲインを使用すると、元の正常なヘアサイクルに戻してくれるのです。髪の毛の発毛や育毛効果を期待するにはミノキシジルという成分が認められていますので、発毛と育毛を促進したいなら試してみてほしいと思います。

ただし、もちろん人によって個人差があったり体質的に合わないこともあるので、使用の際には医師と相談したり日本皮膚学会が提示している成分を見ながら検討してみてください。

作用機序

作用機序

ロゲインに含まれるミノキシジルの作用機序について具体的に説明していきましょう。実はミノキシジルについてはいろんな作用機序があり、どんな作用が発毛という結果につながっているのが現在でも不明になっている点が多々あります。ただ一般的には血流の増加がミノキシジルの作用機序だといわれています。

ミノキシジルの成分は体の中に入ると、平滑筋と呼ばれる場所が刺激を受けます。それによって平滑筋が弛緩するので、血管が拡張するわけです。なお筋肉の弛緩や血管が拡張する作用は、動脈や静脈のどちらにも起こります。そして頭皮にたくさん集まっている毛細血管でも同様に起こりますので、結果として血流が促進されるわけです。血流の促進によって髪の毛の成長に必要な栄養分がスムーズに行き渡るようになるので、髪の毛が成長しやすい状態になります。

またミノキシジルはSUR2Bという受容体を刺激するといわれていて、そこからアデノシンが生成されます。アデノシンは毛母細胞の近くに存在するアデノシン受容体を刺激して、そこから成長因子となるVEGFを生成します。VEGFは発毛を促進させるので、ミノキシジルは丈夫な髪の毛をしっかり作り出してくれます。ちなみにアデノシンは有名な資生堂から売られている育毛シャンプーなどにも配合されていたりします。

ロゲインのジェネリック

実はロゲインにはジェネリック医薬品と呼ばれるものがあります。ロゲインを使うよりもロゲインのジェネリック医薬品を使った方が色々とメリットがありますので、もしロゲインを検討しているのであればぜひジェネリック医薬品の存在も知っておいてください。

ジェネリックの種類と値段

ジェネリックの種類と値段

幅広く人気のあるロゲインというAGA治療薬ですが、もし使いたいと思っているならまずはジェネリック医薬品も検討してみてください。ジェネリック医薬品にはさまざまな種類があり、ロゲインからもいくつかジェネリック医薬品がすでに出ています。どのジェネリック医薬品を選んでも先発医薬品であるロゲインより格安となっているので、費用を抑えたい人にとっては検討するべき選択肢だといえるでしょう。

ロゲインとその他のジェネリック医薬品では、どれくらいの価格差があるのでしょうか。厳密にいうとジェネリック医薬品の種類によってまったく変わってきますが、たとえばロゲインは1つで6000円前後になります。一方でジェネリック医薬品の場合は2000円前後で手に入るので、かなり安くなるのは間違いありません。 カークランドやツゲイン、服用タイプではミノキシジルタブレットなど色々あるので検討してみてください。

ツゲイン

ツゲイン

現在ロゲインのジェネリック医薬品として「ツゲイン」があります。ツゲインは、もちろんロゲインと同様にミノキシジルが含まれているAGA治療薬です。ツゲインを頭皮に対して直接塗布することで、血行がよくなって発毛や育毛効果が期待できます。なおツゲインは3種類のものが売られており、ミノキシジルが2%、5%、10%で分かれています。2%のものであれば1本につき2000円前後という金額で手に入るので、かなりお財布に優しいのが特徴です。

また、5%のツゲインだと3000円くらいで購入することができます。もっと安く手に入れたいという場合は3本セットの商品を買うことで、1本ごとにかかるお金がさらに安くなります。まとめ買いによって費用をあまり気にせずにツゲインを使い続けることができるのです。とにかく費用重視でAGA治療薬を使っていきたい!と考えている人は、まずツゲインから手に取ってみてはいかがでしょうか。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット

ロゲインや他のジェネリック医薬品は外用薬として売られていますが、ロゲインのジェネリック医薬品であるミノキシジルタブレットの場合は内服薬となっています。つまり飲み薬なので、使用方法が異なる点は注意しておきましょう。

ではミノキシジルタブレットを選ぶメリットとは一体なんでしょうか。まず外用薬であるロゲインや他のジェネリック医薬品の場合、使用する人によってはどうしても塗ったあとにべたつきが気になってしまいますよね。でもミノキシジルタブレットは内服薬なので、そんなことはまったく起こりません。また外用薬となると塗り込む作業を毎回することになるので、1回使うごとにめんどくさいと感じる人もいると思います。

一方でミノキシジルタブレットはただ飲むだけでいいので、サッと済ませられるところが大きなポイントです。普段あまり自由な時間がないという人や、めんどくさがり屋な人にとっては非常に有効的な選択肢となるでしょう。ちなみにミノキシジルタブレットの10mgを使用する場合、ロゲイン5%を使うよりも2倍以上もの効果を期待することができるといわれています。もしロゲイン5%と同じ効果を得たい場合は、ミノキシジルタブレットを2.5mg服用するようにしましょう。

ロゲインの使い方・飲み方

ロゲインの使い方・飲み方

ロゲインを正しく使うことによって、AGA治療を効率的におこなうことができます。ただし、それは正しい服用方法を実践するからこその話です。頭皮に塗る外用薬の使い方と、服用タイプの使い方について詳しく解説していきましょう。

頭皮に塗るタイプ

ミノキシジルを含むロゲインや、そのジェネリック医薬品の大半は外用薬として販売されています。ロゲインを正しく頭皮に塗るための方法を覚えておきましょう。まず重要になってくるのは、1回ごとに使う量を必ず守ることです。当たり前のことではありますが、人によってはたまに自己流で使っている場合があります。しかしそれはかえって副作用の危険性を高める結果につながるので、塗る量は一定を保つようにしましょう。早く治すために一度にたくさん塗ろうとする人がいますが、一度に塗る量を増やしても意味はありません。

塗布するタイミングですが、12時間ごとにおこなうのがおすすめです。なかなか毎日の生活の中できちんと12時間ごとに塗るのは難しいかもしれませんが、できるだけ意識して使うようにしてほしいと思います。あと基本的なことですが、塗る場所は髪の毛ではなく頭皮です。髪の毛に塗ったところでまったく意味がないので注意してください。頭皮に塗布してからマッサージもおこなうと、さらにミノキシジルの成分を馴染ませやすくなります。

服用するタイプ

では服用タイプであるミノキシジルタブレットはどのように使っていけばいいのでしょうか。基本は1日に2回飲むようにすることが大事です。そしてその際に5mgのものを使用する場合、1日に1錠までとなります。もし10mgのミノキシジルタブレットを使用するなら、ピルカッターと呼ばれる道具を使って半分にしてから飲むようにしましょう。ただミノキシジルタブレットについては正しい飲み方に関するマニュアルが存在しません。なぜなら本来は高血圧の治療を目的とした薬だからです。

そのため一般的に発毛剤として使用する場合、使用者の体や頭皮の状態を見ながら用法用量を調節することになります。ただ、一度に服用する成分量が多ければ多いほどいいというわけではありませんので、最初は無難に2.5mgから5mgの容量を使用しはじめるのがいいでしょう。心配な人は医師と相談してから使ってみるのがおすすめです。ちなみに飲み始める際には、空腹時よりも食後にするのがいいでしょう。空腹時にミノキシジルタブレットを飲むことで肝臓に負担をかけやすくなります。

ロゲインの注意点

ロゲインの注意点

ロゲインを使う際にはもちろん注意点が色々あります。薬というのは使用方法や誰が使うのかによって副作用が出たりするので、安全に使い始めるためにも必ず副作用の内容や併用してはいけない薬といったものを理解しておきましょう。

副作用

副作用

ロゲインを使用することで副作用を発症させてしまうおそれがあります。ただ基本的に副作用が発症する確率はかなり低く、わずか数パーセントとなっています。だから副作用があるからといってそこまで警戒する必要はありません。ロゲインの副作用ですが、頭皮のかぶれや、頭皮のかゆみです。人によっては顔の火照りを感じることもあるでしょう。

また、ロゲインにはミノキシジルという有効成分が含まれているので、血圧が降下してしまう作用も懸念点です。もちろん健康的で特に持病などもない人であれば、ミノキシジルを使っても血圧の心配はいりませんが、もとから低血圧だという人はミノキシジルによってさらに血圧が下がりすぎる可能性があります。

併用注意・併用禁忌

世の中に存在する大半の薬には併用注意薬や併用禁忌薬というものが存在します。ロゲインに含まれているミノキシジルの成分は、その効果として血管を拡張させる作用があります。この作用と同じ作用を持つ薬は、絶対に一緒に使ってはいけません。たとえば有名な薬としてバイアグラが挙げられます。バイアグラとロゲインを服用すると、血管の拡張作用が非常に強く出てしまうのです。

また、ミノキシジルという成分は、妊婦さんにも悪い影響があります。ミノキシジルが皮膚を通って女性の母乳に移動してしまうといわれているのです。母乳にミノキシジルが含まれた状態で赤ちゃんに飲ませてしまうと、取り返しのつかないことになるかもしれないので注意しましょう。

ロゲインの購入方法

ロゲインの購入方法

ロゲインやそのジェネリック医薬品など、それぞれのAGA治療薬はどうやって手に入れることができるのでしょうか。ミノキシジルが含まれている医薬品の中で、「ロゲイン」と「リアップ」の購入方法について紹介していきます。

リアップ

ロゲインをもとにして作られているリアップは、一般的なドラッグストアなどのお店でたくさん陳列されています。リアップにも種類があり、大きく分けると男性用と女性用が存在します。そのため性別問わず誰でも気軽に使い始められるようになっています。ちなみに男性用のリアップには現在X5とジェットと呼ばれる2種類があり、基本的にはミノキシジルの配合量やそれ以外の有効成分が異なります。近くに薬局やドラッグストアなどがあればすぐにでも購入することができるでしょう。

ロゲイン

ロゲインの場合はリアップと違い、薬局やドラッグストアには売られていません。そのため、普通に買いに行くということはできないので注意してください。ではどのような方法でロゲインは購入することができるのでしょうか。ロゲインは通販サイトで購入することができます。パソコンやスマホさえあれば、誰でも通販でロゲインを手に入れることができます。ただし通販サイトといっても、売っているところと売っていないところがあるので、その点にも注意が必要です。