AGA治療マニュアル

ザガーロは2016年に発売されたAGA治療の薬の中でもっとも新しい薬です。ザガーロの成分、効果、飲み方などについて詳しくまとめています。

ザガーロとは

ザガーロとは

AGA治療薬にはいろんな種類がありますが、特に目新しいのは「ザガーロ」と呼ばれるAGA治療薬です。こちらの薬はプロペシアと非常に似ていて、抜け毛を阻止してくれる優秀な効果を持っています。またザガーロは世界102か国以上もの国で前立腺肥大症を治療する薬としての実績があります。そのため誰もが安心して使える薬だといえるでしょう。ちなみにザガーロの名前の由来ですが、「究極」「進化した」などの意味を持つ「Z」と「AGA」、そして語尾が「O」で終わる名詞はイタリアで男性を指すので、ザガーロという名前になったと言われています。

ザガーロの効果

ザガーロの効果

ザガーロは男性の薄毛症状に対して強い効き目を持っています。ただし、女性には効かないので注意してください。ザガーロはAGAによる過剰な抜け毛を抑制するために使えるAGA治療薬で、プロペシアと似たような効果を期待することができます。つまりザガーロを使っておけば、抜け毛対策としてはバッチリだといえるでしょう。ほとんどプロペシアと同じメカニズムになっているので、どちらを使っても問題ありません。

ザガーロはAGAによって生じたヘアサイクルの乱れを改善し、細く弱々しい髪の毛から丈夫で健康的な髪の毛へと成長を促してくれます。ちなみにプロペシアとザガーロはどっちの方が効くのか?という疑問もあるかもしれませんが、どちらかというとザガーロの方がよく効くといわれています。単純に新しいからということではなく、ザガーロとプロペシアはそれぞれ有効成分が異なるからです。つまりザガーロに含まれる成分の方が、わずかに優秀だといえるでしょう。

もしかしたらあなたもザガーロを使った方が、より理想的な効果を得られるかもしれません。ザガーロは2016年に出たばかりのAGA治療薬になりますが、それでもプロペシアに負けないほど人気があるのでおすすめです。

作用機序

ザガーロの詳しい作用機序について解説します。プロペシアと似たような効果を持つザガーロは、「デュタステリド」と呼ばれる有効成分が含まれています。この成分はプロペシアに含まれるフィナステリドとほぼ似たような作用を持っていますが、実は微妙に違いがあります。

そもそも5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2タイプが存在します。Ⅰ型もⅡ型も悪玉性の男性ホルモンを作り出す元凶となる存在です。悪玉性の男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを作り出す原因となる5αリダクターゼという酵素を阻害する効果は共通していますが、実はプロペシアに含まれるフィナステリドの場合はⅠ型にしか作用しません。一方でザガーロに含まれるデュタステリドの場合は、Ⅰ型だけではなくⅡ型にも同様に作用してくれます。つまり結果として、デュタステリドを含むザガーロの方がAGA治療において優秀な効果をもたらしてくれるわけです。

またそれによってザガーロは、前頭部の生え際にも強い効果が見られるようになっています。プロペシアでもけして効果がないとは言い切れませんが、前頭部に関してはザガーロの方がより安心できるでしょう。できるかぎり効率的にAGA治療をしたいと思っているなら、ザガーロを選んで損はありません。

ザガーロのジェネリック

ザガーロのジェネリック

先発医薬品によってはすでに色々なジェネリック医薬品が登場しています。ザガーロにもジェネリック医薬品が存在しているので、もし費用を抑えていきたいと考えているならジェネリック医薬品の方も検討してみましょう。

ジェネリックの値段と効果

ザガーロも継続的に使っていくことで強力な効果が得られるAGA治療薬です。そのため一度使いはじめたら、何度もザガーロを購入することになるでしょう。そうなると最終的にかなりのお金が必要になってきますよね。もしあなたが少しでもお得にザガーロを使っていきたいと考えているなら、まずはザガーロのジェネリック医薬品を検討してみましょう。

ジェネリック医薬品を使う場合は、ザガーロとどれくらいの値段差があるのでしょうか。一般的にザガーロを使うときは、1ヵ月につき8000円~10000円くらいの費用が発生します。たった1ヵ月でこれだけの費用となると、大きな出費となりますよね。しかし、ザガーロのジェネリック医薬品なら、なんと1ヵ月で2000円程度になります。つまり4分の1くらいまで下げられるので、これは買わない手がありません。

デュタボルブ

デュタボルブ

日本の薬においてザガーロのジェネリック医薬品は存在しませんが、海外ではいろんなジェネリック医薬品が登場しています。たとえばその中でも有名なのが、デュタボルブと呼ばれるAGA治療薬です。デュタボルブはフィリピンに位置する大手製薬会社のロイドラボラトリーズ社と呼ばれるところが製造しています。なおこの製薬会社からは他にもAGA治療薬であるミノキシジルタブレットなどさまざまな有名AGA治療薬が登場しているので、他のジェネリック医薬品よりもデュタボルブの方が多くの人にとって信頼しやすい薬だといえるでしょう。

もしあなたがプロペシアやフィンペシアといったフィナステリドを含むAGA治療薬で思うようにうまく効かなかった、という場合はぜひデュタボルブを使用してみてください。ザガーロと同じデュタステリドという成分になるので、ザガーロと同様の効果を期待することができるでしょう。ジェネリック医薬品なので、ザガーロよりもはるかに安い費用で気軽に購入することができます。

ザガーロの飲み方

ザガーロの飲み方

正しくザガーロを飲めば、多くの人はザガーロの効果をしっかりと実感できるようになるでしょう。ザガーロの正しい飲み方を確認していきましょう。まず基本的にはプロペシアと同じような形で大丈夫です。ザガーロは食前でも食後でも好きなタイミングで服用することができるようになっています。ただし24時間ごとに飲むというリズムが大切なので、時間をずらしたりしないようにしましょう。またザガーロはある程度の期間は飲み続けることになるので、まずは最低6か月間の服用を守ってください。

もし万が一6か月間で効果が見られないようであれば、服用を中止してください。効果の出る時期は人によって違うので、あまり急がずゆっくり効果が出てくるのを待ちましょう。

ザガーロの注意点

プロペシアに匹敵する強力なAGA治療薬のザガーロには、もちろん副作用のおそれもあります。人によっては副作用が見られる可能性があるので、使いはじめる前に基本的な知識を身につけておきましょう。また使用上の注意点も付け加えて説明したいと思います。

副作用

実はザガーロにはいろいろな副作用が報告されています。いろいろあるといわれると身構えてしまうかもしれませんが、副作用が出る人は一握りの人だけです。基本的には体質や使い方の間違いによって生じることになるので、ほとんどの人はそこまで心配しなくてもいいでしょう。

では、ザガーロによってもし副作用が出てきたらどんな症状が起こるのでしょうか。たとえば、勃起不全の症状が確認されています。つまりEDの症状です。さらに、他の副作用として性欲が減少することもあります。性欲が減少すると同時に精子の量も少なくなってしまいます。これによっても勃起不全の症状に拍車がかかってしまうのです。確実になってしまうわけではありませんが、注意は必要です。

併用注意・併用禁忌

併用注意・併用禁忌

基本的にはどんな医薬品にも併用注意薬や併用禁忌薬があります。ザガーロの場合は併用注意薬が存在します。併用注意薬として挙げられるのは、たとえばCYP3A4を阻害する効果のある薬などです。CYP3A4というのは肝臓で薬の成分を分解しているため、これが阻害されてしまうと、ザガーロの成分であるデュタステリドの血中濃度が大きく上昇する可能性があります。クラリスロマイシンやエリスロマイシンなどを使用している人は要注意です。

そして忘れてはいけないのが、妊婦さんはザガーロを使用できないということです。根本的にザガーロは男性向けのAGA治療薬だからという理由もありますが、ザガーロの成分を摂ってしまうと胎児に悪い影響を及ぼしてしまいかねないのです。

ザガーロの購入方法

ザガーロの購入方法

これから初めてザガーロを買おうと思っている人に向けて、ザガーロの購入方法について詳しく説明していきましょう。基本的には2通りの方法がありますので、自分にとって都合のいい方法を選んでおけばいいと思います。ちなみに方法によってメリットやデメリットはまったく変わってきます。

病院処方

一般的にザガーロを手に入れようと思ったら、病院やクリニックといった場所へ行って処方してもらうことになるでしょう。普通の薬局やドラッグストアでは売られていませんので、欲しい人はまず病院まで足を運ぶことになります。医師と相談しながら手に入れることができるので安心できますが、病院やクリニックを利用するのは多くの人にとって面倒なことだと思います。自宅付近に病院やクリニックがない場合は、わざわざ交通機関を利用する必要性が出てきてしまいますよね。そうなると交通費が無駄に発生するので、余計な出費が増えます。薬代金だけではなく診察料などの費用も発生するので、予想以上に高額の費用が必要になるかもしれません。

通販

病院やクリニックへ行くのがどうしても面倒だという場合、実はもうひとつザガーロを手に入れる方法があります。その方法というのが通販サイトを利用することです。

ネット上でザガーロの情報を検索すると、ザガーロやそのジェネリック医薬品が売られているサイトを必ず見つけることができるでしょう。通販サイトから購入する場合は、もちろんネット上になるのでわざわざ移動する必要がありません。そしてなによりも薬にかかる費用以外のお金が送料や手数料くらいになるので、病院やクリニックを使うよりも圧倒的に費用を削減することができるでしょう。ただし通販サイトで買う場合は1週間くらい待たなければいけませんが、楽に安く手に入れることを重視したい場合は通販サイトから購入して損はありません。