更新日 2018-07-02

プロペシアは「飲む育毛剤として」もっともポピュラーな薬です。プロペシアとはどんな薬か?また入手方法などをまとめています。

プロペシアとは

プロペシアとは

プロペシアはフィナステリドという成分が含まれるAGA治療薬になります。アメリカのメルク社が製造しており、世界で初めて医師が処方するAGA治療薬として有名です。なお日本では2005年頃に製造販売の承認を取得して、国内でも広く出回っています。また日本皮膚科学会と呼ばれるところでも推奨度Aとして認められた優秀なAGA治療薬になるので、多くの人にとって安全に使用できる薬の種類だといえるでしょう。AGAの治療をおこなう際には、まずプロペシアの使用を検討してみてください。

プロペシアの効果

プロペシアの効果

具体的にプロペシアは私たちの体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。プロペシアはAGA治療薬なので、脱毛や薄毛の対策をすることができる薬となっています。プロペシアを服用し続けることによって、抜け毛が大幅に減少していきます。抜け毛の原因になる悪玉性の男性ホルモンを作り出す酵素をプロペシアが阻害してくれるので、多くの人はプロペシアで抜け毛の悩みを解決することができるでしょう。朝起きたときに枕元に抜け毛が大量に目立つという人や、お風呂に入って頭を洗っているときに抜け毛が大量に手にくっついてしまうという人は、プロペシアを積極的に検討してみるべきです。すぐに効果が発揮されるわけではありませんが、日に日にその効果は出てくると思います。

もちろん薬の効果には個人差がありますが、AGAを放置するとますます悪化していくので気づいたときには早めにプロペシアで対処することをおすすめします。ただしプロペシアという薬は、あくまでも男性型脱毛症だけに効果がある薬となっています。つまり女性の抜け毛や薄毛に対してはまったく使えませんので、プロペシアは完全に男性向けのAGA治療薬だといえるでしょう。男性でAGAに悩んでいる人だけ、一度手に取って使ってみてください。

作用機序

プロペシアにはフィナステリドと呼ばれる成分が含まれていますが、この成分がどのように作用して抜け毛を予防してくれるのか?まず抜け毛が起こるのは男性ホルモンが大きく関わります。もっというと5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって、男性ホルモンがジヒドロテストステロンという悪玉性の男性ホルモンに変化し、そこから髪の毛が正常に成長せず抜け落ちてしまうわけです。

プロペシアのフィナステリドは男性ホルモンがジヒドロテストステロンと呼ばれる悪玉性の男性ホルモンに変化する際に働く5αリダクターゼを阻害する作用をもたらしてくれます。フィナステリドによって悪玉性の男性ホルモンに変化することがなくなるので、結果として抜け毛が過剰に発生しなくなるということになります。

フィナステリドは臨床試験の段階で90%以上の人が抜け毛の進行を防ぐことに成功しています。その効果は大いに期待することができるでしょう。1mgのフィナステリドを1年間使い続けることで50%以上、さらに2年間で70%以上もの人が改善効果を実感していて、さらに1年間で40%、2年間使い続けて30%以上の人が現状を維持できているといわれています。つまり合算して考えると、プロペシアを使った人のほとんどがプロペシアの効果をしっかり感じているということになります。

プロペシアのジェネリック

プロペシアのジェネリック

AGAの治療において非常に強力な効果があるといわれるプロペシアですが、継続的に使い続けようと思ったらどうしてもお金がかかってしまいます。そこで今回は、できるだけ費用を抑えることができるようにプロペシアのジェネリックについて紹介していきましょう。

ジェネリックの値段と効果

プロペシアは長期的に使い続けることが大事です。しかし、そうなると必要になる費用が心配ですよね。プロペシアは自由診療の薬なので、どこでプロペシアを手に入れるのかによって値段は大きく変わってきます。一般的には28錠入りのシートで6000円前後が相場です。長期的に使うことを考えると、どうしても躊躇してしまうかもしれません。

でも安心してください。プロペシアにはジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品というのは後発医薬品のことで、開発に費用や時間があまりかかっていません。そのため、新薬に比べて安く手に入れることができるのです。プロペシアのジェネリック医薬品の場合は、同じ28錠入りで4000円くらいが平均的な相場です。長期間の使用を考えると、ジェネリックを選択するだけで最終的には大幅な費用削減ができるでしょう。

フィンペシア

フィンペシア

プロペシアのジェネリック医薬品としてどんなものがあるのでしょうか。プロペシアのジェネリックとして最も人気が高い医薬品が「フィンペシア」です。フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品なので、もちろん同じフィナステリドという成分が含まれています。ジェネリック医薬品は、基となる新薬と同じ有効成分が同じ量配合されているので、その効果にも変わりはありません。少しでも節約したいなら、フィンペシアを積極的に使ってみるべきでしょう。

プロペシアと比較するとどれくらい節約することができるのでしょうか。プロペシアの場合は1錠につき200円くらいになってしまいますが、フィンペシアにするとなんと1錠で60円という費用で抑えることができるようになります。ずばりその差は3分の1以下といえるので、これは大きな差だといえるでしょう。まったく同じフィナステリドという成分ですから、わざわざ費用が高い方を選ばなくても、お得に使えるフィンペシアを選んだ方がいいでしょう。

プロペシアの飲み方

プロペシアの飲み方

プロペシアでしっかりと抜け毛を防ぐ効果を得たいなら、飲み方について注意を払う必要があります。ではどのような形でプロペシアを使用すればいいのか?まずプロペシアを飲むタイミングについてですが、基本としてはいつでも大丈夫です。食事をする前でもいいですし、食後に飲んでも特に問題はありません。また寝起きに飲んでみてもいいでしょう。ただし、一度飲み始めたら2回目以降はずっと同じ時間帯に飲むようにしましょう。

日によって飲む時間を変えてしまうとプロペシアの効果がまったくない時間が生じてしまいます。プロペシアの成分であるフィナステリドは約24時間で消滅してしまいますので、治療をおこなう際には常にその効果を持続させなければいけません。また、アルコールと一緒に飲まないようにすることも大切です。アルコールと一緒に飲んでしまうと、肝臓に余計な負担を与えてしまいます。

プロペシアの注意点

プロペシアの注意点

AGA治療において最適なプロペシアですが、もちろん医薬品である以上、副作用に関しては注意しなければなりません。副作用は人によって発症したりしなかったりしますが、最低限の知識は覚えておきましょう。安全にプロペシアを使うために、重要な注意点について説明していきたいと思います。

副作用

プロペシアを飲むことによって、副作用が出てきてしまうことがあります。基本的にはどんな医薬品であっても副作用はつきものなので、副作用があるからといって敬遠する必要はありません。

プロペシアを服用する場合にあらわれる副作用の中でもっとも怖いのは、肝機能障害です。肝機能障害は血液検査ですぐに調べることができるので、利用するクリニックによってはプロペシアを使う前に調べてくれたりします。ただ肝機能障害というのは、最初のうちはこれといった症状が出てきません。そのため自分で気づくことが難しいので、心配な人は血液検査をしておきましょう。ちなみに肝機能障害が起こってそのままにしていると、最終的に肝臓がんになる可能性があります。だからプロペシアを使用する前に、肝機能障害について特に注意しておいてください。

併用注意・併用禁忌

どんな薬を使う場合でも、一番気にしておかなければいけないのが他の薬と併用しても大丈夫なのかどうか、という点です。もし現在または最近で、他の病気を治すためになにかしらの薬を使っている(使っていた)場合は注意しなければいけません。医薬品には相性があり、相性が非常に悪いものを「併用禁忌薬」や「併用注意薬」などと呼びます。

ただ、プロペシアに関しては基本的に危険だといわれているような併用薬が存在しません。プロペシアの添付文書を見てみても、特にこれといった併用注意薬や併用禁忌薬のことはなにも書かれていないのです。だからプロペシアは多くの人が安心して飲めるAGA治療薬だといえるでしょう。市販されている風邪薬なども併用できますし、他のAGA治療薬との併用もできるようになっています。

プロペシアの購入方法

プロペシアの購入方法

AGAは進行性の薄毛症状なので、できるだけ早くプロペシアを利用して治療することが大切です。プロペシアはどのような方法によって手に入れられるのでしょうか。その購入方法についてわかりやすく説明していきたいと思います。もちろん誰でも簡単に入手できるようになっています。

病院処方

プロペシアは一般的に病院へ行くことで処方してもらうことができます。基本は病院の内科や皮膚科で処方されているので、近くにある病院を訪れてみてください。また最近ではAGA治療を専門に扱うクリニックでもプロペシアを処方してもらうことができます。ただ、病院を利用する場合、保険の適用ができないので、その点には注意が必要です。プロペシアを処方してもらう場合も全額自己負担となります。

プロペシアにかかる値段は病院側が自由に決められるようになっているので、選ぶ病院によっては予想よりも高くなってしまう可能性があるでしょう。さらにいうと単純に薬代を払うだけではなく、診療代としていくらかかかってしまうことになります。稀に悪質なクリニックは相場よりもはるかに上を行く金額をだまし取ろうとしてくるので、もし病院の処方を検討する場合は時間をかけて入念に情報収集をしなければいけません。

通販

本来であれば病院やクリニックといった場所から処方してもらうのが普通の入手方法となります。しかし最近ではプロペシアをネット上で購入できるようになりました。現在では病院やクリニックを使わずに、誰でも簡単にプロペシアを手に入れることができるわけです。プロペシアはいったいネット上のどんなサイトで買えるのでしょうか。

プロペシアは個人輸入代行サイトで買うことができます。個人輸入代行サイトというとややこしいですが、要するに普通の通販サイトとなんら変わりありません。サイト内でプロペシアを検索し、あとは注文ボタンを押して注文の確定をするだけでOKです。通販サイトでプロペシアを手に入れる場合は薬代しか発生しませんし、外出をする必要すらないのでとても便利に利用することができるでしょう。