更新日 2018-07-26

若はげ(薄毛)に効果テキメンなシャンプーはコレだ!

若はげ(薄毛)に効果テキメンなおすすめシャンプー

髪を洗う男性

若はげ治療においてシャンプー選びは重要です。自分の頭皮環境に合っていないシャンプーを使っていたり、間違った洗い方をしていると若はげを進行させてしまいます。AGA治療薬だけを使って若はげ治療を続けることも大事ですが、徹底的にやれることはすべてやった方が効率よく治療することができます。それではおすすめのAGA治療シャンプーを紹介していきます。

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー

チャップアップといえば有名な育毛剤ですが、チャップアップシャンプーという育毛シャンプーもあります。

5種類のアミノ酸洗浄成分が配合されており、

・髪のハリやコシをアップ
・フケやかゆみをなくす
・髪を健康にし、ボリューム感をアップ

といった効果が期待できます。

チャップアップシャンプーは髪を増やすわけではなく、抜け毛を予防するイメージです。頭皮にやさしく、これから若はげ予防したいという方にピッタリの商品です。

BAKUシャンプープレミアム

BAKUシャンプープレミアム

BAKUシャンプープレミアムは、育毛効果の高い成分として有名なミノキシジルとよく似た構造をもつ、ピディオミノキシジルを配合しています。ミノキシジルは血流を良くして髪に栄養を行きわたらせる育毛効果バツグンの成分ですが、その反面刺激が強く、肌荒れなどを起こす副作用の心配がありました。ですが、ピディオミノキシジルはミノキシジルと同じ育毛効果がありながら副作用や刺激が少なく、女性用まつ毛育毛剤にも使用されていることからも分かるように安全性の高い成分となっています。また、毛髪を作る成分であるリジンも配合されており若はげ対策にバッチシなシャンプーです。

ポラリスNR-02(シャンプー)

ポラリスNR-02(シャンプー)

ポラリスNR-02はミノキシジルとAGA治療薬で有名なプロペシアの主成分のフィナステリドを配合した今までにないシャンプーです。ミノキシジルで血流を改善して発毛を促し、フィナステリドの効果で男性ホルモンを抑制し、抜け毛の原因をシャットアウトするというハイブリッドなシャンプーとなっています。また、髪の毛を作り、新陳代謝を活性化させるパンテノール、ケラチンといった成分も配合されており、ミノキシジルタブレットとの併用でさらなる発毛効果を期待できる画期的なシャンプーです。

若はげ(薄毛)に効果テキメンなシャンプーの選び方

マルバツ

普段シャンプーを購入する際に、どのようなことを意識していますか?現在ではさまざまなメーカーからシャンプーが登場しており、お店に行くと選択肢がとても多くなっていますよね。そのためなにを選んだらいいのか、その基準がよくわからなくて結局適当に有名な名前のシャンプーを手に取ってしまいがちだと思います。もしくはなんとなく香りが好きだから、という理由で選んだりするでしょう。しかし、AGAを気にしているのであればシャンプーを選ぶところからきちんと考えていかなければいけません。というのも、シャンプーの種類によってあなたの頭皮環境は大きく変わってくるからです。

まず、正しいシャンプーの選び方というのは、自分の頭皮と相性がいいシャンプーを選ぶことです。シャンプーは単に香りが異なるだけではなく、含まれる成分自体がそもそも違うのです。たとえば頭皮が脂っぽい場合は、洗浄力が強力なシャンプーを選ぶのがおすすめです。皮脂が過剰に出ていると毛穴に皮脂が詰まりやすくなるので、強力なシャンプーを選ぶことを意識しておきましょう。

逆に乾燥肌だという人は、保湿成分を含むシャンプーがおすすめです。その際には先ほどと逆に洗浄力の弱いシャンプーを選びましょう。以上のことを踏まえておけば、頭皮環境を常に正常な状態に維持しやすくなります。

自分の頭皮環境をチェックしたい人は、一度美容院へ行って聞いてみるといいでしょう。美容院では、脂性肌か乾燥肌なのかを教えてくれるはずです。

育毛剤とシャンプーの併用もオススメ

ロゲイン

自分の頭皮環境に合った育毛シャンプーが選べたら、育毛剤と併用することも検討してみましょう。

育毛シャンプーは頭皮環境を整え、髪の毛を育ちやすい環境にするために使いますが、育毛剤は髪の毛自体を育てたり、伸ばしたりするために使います。

育毛剤のなかでもミノキシジルという成分を含んでいるものがオススメです。ミノキシジルは医学的にも発毛効果が認められており、発毛させたいならこの成分が入っていないとどうにもなりません。ミノキシジルが入っていない育毛剤もありますが、発毛に関しては効果が薄いとえるでしょう。

ミノキシジル配合のロゲインであれば高い効果が期待できます。日本の大正製薬が販売しているリアップは有名な育毛剤ですが、ロゲインをもとに開発されたという経緯があります。本格的に薄毛対策をするなら育毛シャンプーで頭皮環境を整え、ロゲインのようなミノキシジル配合の育毛剤・発毛剤を使用して発毛させていくのがベストです。

ロゲインといったミノキシジル配合の育毛剤や育毛シャンプーは通販サイトで安く購入することができるので一度覗いてみてはいかがでしょうか。

育毛効果を上げる正しい洗い方

オッケーマークを手でつくる女性

人によってシャンプーのやり方というのは色々あると思います。ただシャンプーのやり方に関する正しい知識がない人は、間違った認識をしていることでしょう。シャンプーのやり方を間違えている人は、頭皮環境を逆に悪化させてしまう可能性があるので要注意です。

シャンプーの正しいやり方を具体的に紹介していきたいと思います。

まずシャンプーをする前に、ブラッシングすることを心がけておきましょう。特に髪の毛にワックスやスプレーを振る人ほど、一度ブラッシングをしてから髪の毛を濡らさなければいけません。

なぜブラッシングをしておいた方がいいのかというと、これによって皮脂が取れやすくなるからです。また髪の毛にはホコリがくっつくので、ブラッシングをするだけでもホコリをある程度取り除くことができます。

そしてシャンプーを頭につける際には、髪の毛を十分にお湯で濡らしてからつけてください。濡れてない状態でつけてもシャンプーの成分をうまく吸収させて泡立てることができません。

また、手でゴシゴシする際には、爪を立てずに指の腹だけを使って頭皮をマッサージするように動かしましょう。頭皮というのはとてもデリケートな場所なので、爪を立てると簡単に傷がついてしまい、頭皮環境を悪化させてしまいます。

ちなみにできるだけ念入りにやろうと長時間シャンプーをする人がいますが、シャンプーは2分くらいで終わらせた方がいいです。ゴシゴシする時間よりも、シャンプーを洗い流す時間の方を長めに取ることが重要になります。

シャンプーの後は

ソファーに座る外人男性

きちんと正しい方法でシャンプーをしたあとは、正しい頭皮ケアをしなければいけません。AGAを気にしている場合は、このタイミングでロゲインを塗っていきましょう。外用薬であるロゲインを塗るタイミングとしては、シャンプー後が一番最適だといえます。頭皮が汚い状態で塗るよりも効果的なのでおすすめです。

そしてシャンプー後は、もちろんしっかりとドライヤーで髪の毛を乾かすことが重要です。ドライヤーの熱が髪の毛に悪いと思い込んでいる人がたまにいますが、だからといって自然乾燥に頼ることはおすすめできません。特に長髪の人ほど、ドライヤーを使ってササッと乾かすようにしましょう。そうすれば髪の毛に与えるダメージを減らすことができます。

ただしドライヤーを長時間当てすぎるのは逆効果です。一番おすすめなのは、最初にタオルドライをある程度しておくことです。タオルドライの際には髪の毛をタオルで包むようにして、軽い力で叩くように水分を取り除いていきましょう。そのあとはシャンプーをするときと同様に頭皮をマッサージしていき、髪の毛の水分量が減ってきたなと思ったら仕上げにドライヤーを当ててみてください。これでドライヤーで髪の毛にダメージを与えることなく、しっかり乾かすことができます。

薄毛予防のドライヤー

ドライヤーをかける女性

ドライヤーを間違った使い方で使用していると頭皮にダメージを与えることがあります。そこで薄毛予防用のドライヤーについて紹介します。

まず、髪を洗ったあとにタオルで軽く水気をとってそのまま自然乾燥している方もいると思いますが、その行為は薄毛予防においてアウトです。乾ききっていない頭皮の水気によってマラセチア菌が繁殖し、頭皮環境が悪化、抜け毛が増えたり、かゆみ、フケの原因になります。

このように薄毛予防においてドライヤーで髪を乾かすのは必須なのですが、薄毛予防に特化したドライヤーもあります。たとえばスカルプドライヤーは遠赤外線採用で、低温の温風でもしっかりと乾かせ、マイナスイオン効果で静電気の発生を抑えることもでき、頭皮にやさしい仕様になっています。

そして実際に乾かすときにもいくつか注意することがあります。以下の点に注意して髪の毛を乾かすようにしましょう。

・ドライヤー前は必ずタオルで水気をとっておく⇒ドライヤーの使用時間を短くして熱ダメージを軽減するため
・毛先だけを乾かすのではなく、頭皮まで乾かす⇒頭皮に水気が残っていると菌が繁殖し頭皮環境が悪化するため
・ドライヤーを近づけすぎ、熱が強すぎ、長く乾かしすぎ⇒頭皮が乾燥し、髪が傷つくため、なるべくドライヤーと頭の距離は20センチほど離す
・ドライヤーは根元から毛先にかけてまんべんなくかける

シャンプーの育毛効果の限界

ここまで育毛シャンプーについて説明してきましたが、やはり育毛シャンプーだけでの若はげ治療には限界があります。育毛シャンプーはあくまで頭皮環境を整えるための一つの手段にすぎません。

もちろん育毛シャンプーで頭皮環境を整えるのは若はげ治療において必須ですが、根本的な原因を取り除くにはAGA治療薬を使うしかありません。プロペシアやザガーロといったAGA治療薬は抜け毛の根本原因になっている酵素の働きを阻害し、男性ホルモンの発生を邪魔します。この働きによって根本的な脱毛原因を取り除くことができます。

つまり、このAGA治療薬の効果を最大限に発揮するために育毛シャンプーでしっかり頭皮環境を整える必要があるということです。

そして、シャンプーで頭皮環境を整え、AGA治療薬で原因を取り除いたらあとは発毛です。科学的に発毛効果が認められているミノキシジルの育毛剤・発毛剤、内服薬を使って髪の毛を発毛させることで全方位からの若はげ治療が完成します。

人にもよりますがここまですれば高確率で効果を実感できます。若はげは早く治療すればするほど治る確率が上がるのでこれでもかというくらいやれることはやった方が悔いが残らないと思います。

シャンプーで頭皮ケアは基本!本格的な治療はAGA治療薬で

若はげ治療においてシャンプーで頭皮ケアをするのは基本です。自分の頭皮環境に合ったシャンプーを選び、頭皮を傷つけないように正しく髪を洗い、洗った後はドライヤーでしっかり水気をとって菌を繁殖させないようにこころがける必要があります。この基本ができたら次はAGA治療薬やミノキシジル配合の育毛剤・発毛剤を使って本格的な治療をすることで若はげは治っていきます。

少し薄毛が気になるから試しに育毛シャンプーを使ってみたいという方はシャンプーのみでいいと思いますが、本格的に治したいという思いがあるならシャンプーだけでなく、AGA治療薬を使用してみることをオススメします。

私も若はげ初期の頃はAGA治療薬への先入観や副作用が不安で手を出せずにいました。生活習慣を整えたり、育毛シャンプー、サプリメントでなんとか若はげを乗り越えようとしましたが歳月が経つごとにそれだけでは足りないことを思い知らされました。その後、AGAやミノキシジル配合のロゲインといった育毛剤に出会って徐々に若はげは改善していきました。

もちろんそれは育毛シャンプーなどで頭皮環境を整えていたからこそ出た効果だと思うので育毛シャンプーも必要な若はげ治療アイテムです。人それぞれ状況によってどの治療方法、治療薬、治療アイテムを使うかは変わると思いますが自分に合った治療方法を見つけていってくださいね。