更新日 2018-07-02

AGAの原因はシャンプーのやり方にも原因があります。AGAの改善につながるシャンプーの選び方、やり方などについてまとめています。

正しいシャンプー

正しいシャンプー

AGA治療薬だけを使って治療をおこない続けることも非常に重要ですが、徹底的にやれることはすべてやった方が効率的に治療することができます。その際にまず覚えておいてほしいのが、正しくシャンプーをすることです。AGAを意識してシャンプーをする場合はシャンプー選びからまずはこだわる必要があり、あとはどのようにしてシャンプーをするのかや、そのあとの過ごし方なども注意しておかなければいけません。AGAの治療をしたい人や、これから予防したいという人は必ず覚えておきましょう。

シャンプーの選び方

ャンプーの選び方

普段シャンプーを購入する際に、どのようなことを意識していますか?現在ではさまざまなメーカーからシャンプーが登場しており、お店に行くと選択肢がとても多くなっていますよね。そのためなにを選んだらいいのか、その基準がよくわからなくて結局適当に有名な名前のシャンプーを手に取ってしまいがちだと思います。もしくはなんとなく香りが好きだから、という理由で選んだりするでしょう。しかし、AGAを気にしているのであればシャンプーを選ぶところからきちんと考えていかなければいけません。というのも、シャンプーの種類によってあなたの頭皮環境は大きく変わってくるからです。

まず、正しいシャンプーの選び方というのは、自分の頭皮と相性がいいシャンプーを選ぶことです。シャンプーは単に香りが異なるだけではなく、含まれる成分自体がそもそも違うのです。たとえば頭皮が脂っぽい場合は、洗浄力が強力なシャンプーを選ぶのがおすすめです。皮脂が過剰に出ていると毛穴に皮脂が詰まりやすくなるので、強力なシャンプーを選ぶことを意識しておきましょう。

逆に乾燥肌だという人は、保湿成分を含むシャンプーがおすすめです。その際には先ほどと逆に洗浄力の弱いシャンプーを選びましょう。以上のことを踏まえておけば、頭皮環境を常に正常な状態に維持しやすくなります。

自分の頭皮環境をチェックしたい人は、一度美容院へ行って聞いてみるといいでしょう。美容院では、脂性肌か乾燥肌なのかを教えてくれるはずです。

シャンプーのやり方

人によってシャンプーのやり方というのは色々あると思います。ただシャンプーのやり方に関する正しい知識がない人は、間違った認識をしていることでしょう。シャンプーのやり方を間違えている人は、頭皮環境を逆に悪化させてしまう可能性があるので要注意です。

シャンプーの正しいやり方を具体的に紹介していきたいと思います。まずシャンプーをする前に、ブラッシングすることを心がけておきましょう。特に髪の毛にワックスやスプレーを振る人ほど、一度ブラッシングをしてから髪の毛を濡らさなければいけません。なぜブラッシングをしておいた方がいいのかというと、これによって皮脂が取れやすくなるからです。また髪の毛にはホコリがくっつくので、ブラッシングをするだけでもホコリをある程度取り除くことができます。

そしてシャンプーを頭につける際には、髪の毛を十分にお湯で濡らしてからつけてください。濡れてない状態でつけてもシャンプーの成分をうまく吸収させて泡立てることができません。また手でゴシゴシする際には、爪を立てずに指の腹だけを使って頭皮をマッサージするように動かしましょう。頭皮というのはとてもデリケートな場所なので、爪を立てると簡単に傷がついてしまい、頭皮環境を悪化させてしまいます。

ちなみにできるだけ念入りにやろうと長時間シャンプーをする人がいますが、シャンプーは2分くらいで終わらせた方がいいです。ゴシゴシする時間よりも、シャンプーを洗い流す時間の方を長めに取ることが重要になります。

シャンプーの後は

シャンプーの後は

きちんと正しい方法でシャンプーをしたあとは、正しい頭皮ケアをしなければいけません。AGAを気にしている場合は、このタイミングでロゲインを塗っていきましょう。外用薬であるロゲインを塗るタイミングとしては、シャンプー後が一番最適だといえます。頭皮が汚い状態で塗るよりも効果的なのでおすすめです。

そしてシャンプー後は、もちろんしっかりとドライヤーで髪の毛を乾かすことが重要です。ドライヤーの熱が髪の毛に悪いと思い込んでいる人がたまにいますが、だからといって自然乾燥に頼ることはおすすめできません。特に長髪の人ほど、ドライヤーを使ってササッと乾かすようにしましょう。そうすれば髪の毛に与えるダメージを減らすことができます。

ただしドライヤーを長時間当てすぎるのは逆効果です。一番おすすめなのは、最初にタオルドライをある程度しておくことです。タオルドライの際には髪の毛をタオルで包むようにして、軽い力で叩くように水分を取り除いていきましょう。そのあとはシャンプーをするときと同様に頭皮をマッサージしていき、髪の毛の水分量が減ってきたなと思ったら仕上げにドライヤーを当ててみてください。これでドライヤーで髪の毛にダメージを与えることなく、しっかり乾かすことができます。